長谷川伸氏の本のご案内
長谷川伸  長谷川伸捕物小説集
2021年5月20日
大正、昭和期の代表的な大衆小説作家、長谷川伸。新鷹会を主催し後進の育成にも尽力。門下生には山手樹一郎、村上元三、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎などがいる。
本書には昭和27年刊「七つの捕り物」(東方社)収録の「地さがし九八」「投げ火の伝兵衛」など大岡裁きの7編など12編と、昭和18年に単行本が刊行された「捕物おかめの面」を収録。